【おすすめマンガ】『君に紡ぐ傍白』第1巻 尊い…あまりにも尊いガールズラブ!

マンガ

今回おすすめするマンガは全・百合好き男子必見です!

先月末に発売された矢坂しゅう先生『君に紡ぐ傍白』



本屋さんで発見して、通勤電車の中で読んでたんですけど、これ、電車で読んだらアカンやつでした。
めっちゃにニヤニヤたり、泣きそうになったりと、もう感情ぐっちゃぐちゃにされました。。

『君に紡ぐ傍白』メインキャラクター

本作の舞台はとある大学のキャンパスで、メインキャラクターはその大学の生徒となります。

立花 遥香

©Syu Yasaka

大学2年生。

高校時代に演劇部に所属し役者の道を目指していたが、とある理由で夢半ばで挫折してしまう。

本が好きで、将来は図書館司書を目指して勉強中。

葉山 奈央

©Syu Yasaka

大学1年生。

大学に入ってから劇団に所属し、プロの役者を目指している。

『君に紡ぐ傍白』あらすじ

『君に紡ぐ傍白』のコミックス1巻に収録されている第1~2話までのあらすじをご紹介できればと思います。

出逢い

ある日、遥香が大学の図書館を出ようとしたところ、閉館時間になっても台本を広げて席で眠っている奈央に出会い、声をかけることがきっかけです。

©Syu Yasaka

©Syu Yasaka

図書館を出た後、二人はベンチでお互いについて話します。

その中で奈央は自分が図書館で眠っていた理由は、プロの役者を目指すために最近新しい劇団に入って急に忙しくなったからだと遥香に言います。

©Syu Yasaka

奈央はこの春から大学生になったばかりでもあり、新しい環境に順応しきれてない自分に不安を感じていると少し弱音を吐きますが、そんな奈央を遥香は励まします。

©Syu Yasaka

これをきっかけに、遥香と奈央はキャンパス内でよく共に行動するようになります。

©Syu Yasaka

凸森
凸森

ここまでわずか第1話のP.12までなんですけど、この時点ですでに尊味に溢れている…

奈央の演劇

そんなある日、奈央は遥香に自分の出演する舞台を見に来てほしいとお願いします。

遥香は過去に高校時代に演劇部に入っていたのですが、とあるきっかけで辞めてしまっており、それ以降演劇から距離を置いていたため、奈央の提案に戸惑います。

しかし、遥香は意を決して奈央の演劇を観に行きます。

©Syu Yasaka

 

そして、“自分は演劇が大好きなんだ”ということに改めて気づくことになります。

©Syu Yasaka

告白

演劇の後、遥香は奈央に自分を舞台に誘ってくれたことにお礼を言います。

そして、、奈央は遥香に自分の思いを告白します。

©Syu Yasaka

もう、奈央にとって遥香は友達以上の存在となってました。

それは遥香も同じ気持ちでした。

©Syu Yasaka

凸森
凸森

エンダァァァァ!!!!!!!!!!!!!!!!!

ここまでで、まだ第2話です(笑)

この先、遥香と奈央の、ともに歩み始める二人の物語が動き始めます。

Twitter上の反応

ハッシュタグ「#君に紡ぐ傍白」でコミックス第1巻発売後のTwitter上の反応を以下まとめました。

おあと、ゲーマーズ秋葉原店ではとても気合の入った売り場展開がなされてました!!

最後に

『君に紡ぐ傍白』はストーリアダッシュにて連載されており、1~3話が無料で読むことが出来ます!

君に紡ぐ傍白|ストーリアダッシュ
夢を諦め新たな生活を送っていた大学二年生・立花遥香はある日、役者を目指す一年生・葉山菜央と出会う。舞台というものにそれぞれ真逆の想いを持っていた二人。言えない想い、聞けない言葉を胸に秘めたまま、それでもお互いに惹かれ始める――。

第2巻は2021年発売予定!

凸森
凸森

遥香の高校時代に何があったのか・・・?

私、気になりますっ!!!!!!!!

コメント